丸選手のFAの人的補償で長野選手がカープに加入

Pocket

昨日、プロ野球広島カープの丸選手がFAで読売ジャイアンツに移籍したことに伴い、その人的補償として長野選手がカープに移籍することが報道されました。

私はカープファンなので、丸選手が移籍したことによる戦力ダウンを残念に思っていた一人ですが、その補償としてまさか長野選手という、いわば巨人の看板選手の一人が来ることは全くもって予想していなかったので、正直かなり驚きました。

カープにビッグネームが来てくれるのは嬉しいとは思いつつも、長野選手は巨人というカラーそのものというイメージがあるので、はたしてカープのカラーに馴染めるのか、あれだけ巨人一筋だったのでモチベーションは大丈夫なのかなど、未知数な面も多く、なんだか不思議な気持ちですね。ただ決まった以上、1日も早く新しい環境に馴染んでいただいて活躍してほしいものです。

今回の一件で私がむしろ思いを馳せるのは、長野選手を出す側のジャイアンツについてです。長野選手はジャイアンツというチームの中でかなりの精神的支柱を占めているインフルエンサー側の選手だったのではないかと思います。今回の一件で長野選手が抜けるということは、長野選手の実績以上にジャイアンツという組織に与える影響がかなり大きいのではないかと思います。

野球は組織で戦うスポーツであり、単に数字の良い選手ばかり集めてきても組織力が弱ければ勝つことのできないスポーツです。今回の一件でジャイアンツという組織がどのように変わっていくのかは、一野球ファンとしてはもちろん、経営アドバイザリー関連のお仕事もさせていただいている身としても非常に興味深いところです。そんなところにも注目しながら今シーズンのプロ野球を見守っていきたいと思いました。

岩波公認会計士事務所・アイプラスアドバイザリー株式会社 岩波竜太郎