Pocket

こんにちわ!公認会計士の岩波竜太郎です。

お店もクリスマスデコレーションが目立ったり、テレビでも歌番組が増えたりと、あー、もうすぐ今年も終わりなんだなー、としみじみ感じる今日この頃。

私個人としては、ようやく30代の最後に念願の独立開業を果たすことができ、本当に激動の1年だったわけですが、その1年ももうすぐ終わるんだなーという感じです。

独立開業してからは、お陰様でコンスタントにお仕事をいただけて、複数のお客様のプロジェクトに関わらさせていただいているわけですが、1から信用を築いていくことが求められる場面も多かったです。

お陰様で、どのお仕事も長い期間にわたって携わらせていただいていますが、長くお仕事に携わらせていただくためには、関わった当初はアウエーな雰囲気であったとしても、それをホームゲームにしていく技術が必須だなーと最近強く思います。

そんな、アウエーをホームに変える力の大切さについて今日は書いてみたいと思います。

アウエーをホームに変える力とは?

サラリーマンであろうと独立していようと同じなのですが、新しい人たち(お客様や上司・部下など)に囲まれて仕事をする時というのは、自分がどういう仕事ができるのか、どういう人柄なのか、相手の人たちにまったくわかってもらえていない状態ではないかと思います。

そんな中でも、きちんと自分の意見を理解してもらい、成果を出していくことによって、周りの人たちの信用を勝ち取っていく必要があります。

そうした信用を少しずつ積み重ねていくことで、周りの人たちから「あー、この人なら大丈夫だな」と思ってもらえるようになり、自分のブランディングができていきます。

最初はアウエーだった雰囲気をホームゲームの雰囲気に近づけていくことができれば、本来の実力も出しやすくなり、結果が出やすくなり、仕事は面白いように好転していきます。

ですから、いかに周りの人たちを味方につけてホームゲームを作り上げていくかが、仕事をうまく回すための大切な秘訣だと思います。

アウエーをホームに変える力を身につける方法

大きく2つに分けられるのではないかと思います。

1つはたくさん経験を積んで自力をつけること、もう1つは自力だけではどうにもならない時に他力に頼れること、この2つではないかと思います。

たくさん経験を積んで自力をつけること

アウエーをホームに変えるためには、まず第1に、とにかくたくさんの経験を積んで自分の中にたくさんの引き出しを持つことが重要ではないかと思います。

私の場合も、これまで監査法人を飛び出してベンチャーに転職し、独立を果たしたわけですが、独立してからの仕事というのは、これまでに積んだすべての経験を使って応用問題を解いているような感覚があります。

ですから、本当に無駄な経験なんて何一つなくて、どの経験も今の仕事に本当に役立っていると思っています。

とにかく一歩踏み出してみて、いろんなことにチャレンジしてみましょう。この心構えが本当に大切です!

確かに、失敗したら怖いかもしれません。安定を失うことは怖いかもしれません。

でも、一度きりの人生、後悔しないように生きることの方が目先の安定よりも大切だと思うんです。

そして、実は失敗からこそ、学ぶことがむしろ多いんです。

だから心配しないでも大丈夫。失敗は立派な財産になります。

やらないで後悔するよりもやってみて失敗する方が後から振り返ったときに納得するものです。

 

後悔しないように、思い切って勇気を出して外に出てみること。

そして出た場所で等身大の自分を試してみること。

この意識が大切だと思います。

自分の中の引き出しが多いということは、アウエーの環境の中に置かれたときに自分の身を助けるライフラインをたくさん持てる、ということです。

そして、ライフラインをよりたくさん持てれば、アウエーでもより高い可能性で生き残っていくことができるのです。

自力だけではどうしようもない時に他力に頼れること

そして第2に、自力だけではどうしようもない時に他力に頼れるということも重要です。

自力をつけることは大切ではあり基本とはなるものの、人間には得意・不得意がありますし、個人の力には限界もあります。

ですから、何もかも自分でやろうとせず、時と場合によっては信頼できる誰かに頼ることも大切です。

餅は餅屋と言いますが、この分野はこの人に頼ろう、という誰かが思い浮かべば思い浮かぶほど、自分はより得意分野にフォーカスできますし、いろいろなコラボレーションの可能性もうまれてきます。

自力を磨きつつ、頼れる誰かもたくさん持てるように、日頃から交流を広げておくことも大切だと思います。

また、頼れる誰かの他力も大事ですが、言うまでもなく、周りの人たちの他力も大事です。

周りの人たちを味方につけるコミュニケーション力というところも含めて考えると、他力を呼び込む人間力ということなのかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

自力×他力、この両方を洗練させていくことが、アウエーをホームに変える力の原動力なのではないかと思っています。

そして、この両方の可能性が広くなればなるほど、ビジネスパーソンとしての深みはもちろん、人間としての深みも増していくのではないでしょうか。